未経験でもすぐできる!パート事務の仕事内容

パート事務のお仕事に興味のある方は、今まで異業種でお仕事をしていた方も、同じくオフィスワークでお仕事をしていた方もいろんな方がいると思いますが、「実際にどんなお仕事をするの?」と気になる方も多いと思います。

今回はパート事務のお仕事についてご紹介していきたいと思います。

共通する仕事内容

パート事務のお仕事で共通することには、電話対応や来客応対、データ入力、ファイリングといったお仕事を主に行います。

それに加えて、オフィスの簡単な掃除や雑用を任されることも多くあります。

パート事務といってもお仕事内容は事務作業から雑用まで幅広く任されることもあるので、事務作業をしつつ、オフィスの掃除やちょっとした頼まれごとなどの雑用もこなし、他の社員さんが働きやすい環境をつくることも1つの業務になります。

「こんなにいろんなことをしないといけないの?」と思う人もいるかもしれませんが、実際には簡単な作業内容が多く、基本的には未経験の人でも覚えればしっかりこなせるお仕事内容なので、難しそう・・・と身構える必要はありません。

事務作業経験者も、未経験の人も、安心してお仕事ができます。

業種で異なるパート事務の仕事内容

パート事務といっても、どの企業でも同じ仕事内容かというとそうではなく、企業の配属先の業種によって仕事内容が変わってきます。
パート事務の分類について、主なものをご紹介したいと思います。

受付事務

パソコン操作がメインの事務はちょっと苦手、という方におすすめなのが受付事務です。

多少のパソコン操作はありますが、どちらかというと来客応対がメインになり、来客の方の名前をメモをして伝える、来客へのお茶出し、お部屋の清掃などが主な仕事内容になります。

受付事務といっても、受付業務は会社の顔になるので、接客スキルも磨くことができます。

営業事務

営業事務は、営業担当者のサポート業務が主な仕事内容になります。

ですが、パート事務ではそんなに大きな仕事を任されることはなく、パソコンでできる簡単受注・発注作業や顧客からの電話取り次ぎ、その他営業担当者から頼まれた作業を行います。

主に入力作業が多いので、初めは慣れなくても作業に慣れれば難しいお仕事ではないので、未経験の方にもおすすめです。

経理事務

パート事務のお仕事には、企業の財政状況を把握するために必要な経理事務のお仕事もあります。
経理事務のお仕事は、経験者、もしくはそれに近い簿記などの経理関係の知識を有する人が優遇される傾向にありますが、中には未経験からでもお仕事ができることもあります。

経理事務は専門的な知識が必要な分野ではありますが、一度経験しておくと、その後のステップアップ、キャリアアップにもつながりやすいので、未経験でも興味のある方は一度チャレンジしてみるのもおすすめです。

データ入力

データ入力は、電話応対なども多少入ることもありますが、基本はパソコンを使ったデータ入力が基本のお仕事です。

電話応対がちょっと苦手・・・という方は、データ入力メインのパート事務を選ぶといいでしょう。

データ入力というと未経験の人はちょっとハードルが高いような気もしますが、パート事務なら未経験者でも仕事内容を覚えれば難しいことはなく、周りに同じ仕事をしている人がいることも多いので、分からないことも聞きやすいと思います。

データ入力は入力作業が主なお仕事になるので、単純作業を繰り返すことが得意な方に向いています。
作業を繰り返すうちにタイピングスキルを向上させることができ、休憩時間も適度に取りやすいので、体力面でも負担がかかりにくいといったメリットもあります。

学校事務

学校事務は会議室の予約状況の管理や、その他学校の運営に関する事務作業を主に行うお仕事です。

ですが、生徒と直接接することは少なく、一般事務の学校版といったイメージになります。

内勤で学校の運営に関する事務作業を行うので、普通の企業のパート事務とはちょっと違ったお仕事を経験できます。

金融事務

金融事務は、銀行や金融関係の事務作業を主に行う仕事で、パート事務では窓口業務よりは後方の事務作業が主な仕事内容になります。

金融事務というとちょっと難しそうなイメージがありますが、未経験からでもお仕事ができ、お仕事をしているうちにさらなるスキルアップを目指すことができるお仕事です。

未経験ならあったほうが良いパート事務のスキルと資格

パート事務のお仕事に興味はあっても、未経験だとお仕事が見つかるか心配・・・という方も多いと思います。
しかし、パート事務がすべて経験者を優遇しているわけではなく、未経験からでもしっかりお仕事をしている人もたくさんいるので安心です。

とはいっても、「何かできることがあれば」と準備をしたい思う方のために、あると良いパート事務のスキルと資格についてご紹介していきたいと思います。

パート事務に必要なパソコンスキル

パート事務で必要なパソコンスキルは、基本的にキーボードで文字と数字入力ができれば十分です。

パート事務では初めからものすごい量の仕事を任されることはないので、まずはキーボード入力ができれば大丈夫です。

パソコンの基本操作は2つ

パート事務で必要なパソコンの基本操作は2つあります。

インターネットを使って検索ができる
パソコンソフトを起動できる

の2つができればOKです。

インターネットが使えれば、キーボード操作とマウス操作ができますし、ソフトが起動できればあとは入力をしていくだけなのでこの2つの操作ができれば十分といえます。

キーボードで文字、数字の入力ができればOK

仕事内容の例を挙げると、「全国の店舗の売り上げをパソコンで入力する」といった作業があったとします。

多くはパソコンソフトのエクセルを使うことが多いですが、売り上げを入力する程度であれば、エクセルの知識がなくてもキーボードで数字を入力できればそれで充分です。

最近では事務業務で「エクセルの資格がないと」と思う方も多いかもしれませんが、未経験からのパート事務では、文字や数字入力程度のレベルであれば、エクセルの知識もさほど必要ないので心配ありません。

パート事務をやるなら簿記の資格が強い

先ほど経理事務でも少し触れましたが、パート事務を目指すなら経理関係の簿記の資格を持っておくと採用される確率もぐんと高くなります。

それはなぜかというと、経理事務は他の事務と少し異なり、専門知識がないとこなせない仕事内容もあるので、専門用語や仕事に必要なスキルを持っておくことが求められます。

日商簿記検定がその1つに挙げられます。
企業の出納業務、帳簿作成、決算業務などの会計業務や財政に関する知識を学ぶことができます。

初めから簿記の資格を持った状態で応募する必要はなく、未経験でもこれから簿記の資格を取得したい、勉強していきたい、ということで採用してもらえることもあるので、経理事務のお仕事をしたい人は、まず簿記関係の資格についてみてみるのもおすすめです。

経理関係のお仕事は求人数も多い

経理業務は、どの企業にも、大企業から中小企業まで企業規模に関係なく必要な業務なので、なくなることのない業種ともいえます。

また、求人数も比較的多いですが、やはり専門的な分野も含まれるので経験者や知識を有する人が優遇される傾向にあるのも実際のところあります。

中には未経験からでもOK、というところもあるので、これから長く働いていきたい、キャリアアップにつなげたいと思っている方は、経理関係のお仕事を目指していくのも1つの方法です。

経理関係のお仕事は時給も少し高い傾向に

パート事務の求人を見てみると、一般事務に比べて経理事務のお仕事は時給が少し高めに設定されている傾向にあります。

専門用語や仕事内容の理解度が求められることから、時給も少し高めに設定されているようです。

こういった点で見ても、経理事務のお仕事を経験すること、知識を持っておくことは時給も少し高くなる傾向にあり、今後のスキルアップにもつなげることができるのでメリットの多いものになりそうです。

パート事務でも持っておくと役立つ資格

パート事務では経理の資格や知識があると有利というお話をしましたが、今までオフィスワーク以外の業種でお仕事をしていた人の中には、「ビジネスマナーについて知りたい」という方もたくさんいると思います。

ここでは、経理関係の資格以外で持っておくと役立つ資格についてご紹介したいと思います。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

マイクロソフト社が主催している、Word、Excel、PowerpointといったOffice関連のソフトの習熟度をアピールできる検定です。

「スペシャリスト(一般)」と「エキスパート(上級)」の2つのレベルに分かれており、初心者から上級者まで幅広い人が受検しています。

全く勉強しないよりも、この検定を勉強するだけでもいざ使うとなったとき、実業務での理解度が違ってくるので、パート事務を希望している方はぜひ勉強してみるといいでしょう。

秘書検定

ビジネスマナーや仕事における立ち居振る舞いの仕方について習得する検定です。
秘書検定はビジネスマナーだけでなく、一般常識についても学ぶことができるので、ブランクの長い方にもおすすめです。

オフィスワーク未経験の人でも、秘書検定があると企業側も「ビジネスマナーについて勉強しているんだ」というアピールにもなるので、まずは3級から目指してみてはいかがでしょうか。

TOEIC、貿易実務検定

今後、英語力が求められる場面が増えていくかもしれないので、TOEICや英検といった英語力に関する資格、またパート事務でも貿易関係の事務に興味のある方は貿易実務検定の勉強をするのもおすすめです。

貿易事務は、その名の通り、貿易に関する事務業務を行うので海外とのやり取りに興味のある方におすすめです。

CAD利用技術者

求人票を見ているとCADの資格を持っている方、という表記があることがありますが、「CADって何?」と思う方も多いと思います。

CADは製図ソフトを扱うレベルを表す資格で、コンピューター画面で建築や自動車関連の製図を行うお仕事で使います。

資格を持っておくと、建築や車関連の事務業務で優遇されることもあるので、興味のある方は勉強してみるといいでしょう。

ITパスポート

IT業界全般に関する知識を学べる資格です。

ITパスポートは国家資格なので、他の資格に比べると取得まで少し時間がかかるかもしれませんが、IT業界に興味のある方やパート事務からさらにステップアップを目指したい方におすすめです。

またIT業界で事務業務をしている人も知識を持っておくと業務に役立つこともあるのでいいですね。

セキュリティ、ネットワーク関連の知識から、マネジメントに関する知識まで、幅広い分野について学ぶことができるので、IT業界に興味のある方は勉強してみるといいでしょう。