未経験からでもパート事務は難しくない

パート事務に興味のある方の中には、年齢的な面や子育て中で仕事が見つかるか、と気になる方は実際にたくさんいます。

事務は未経験だけど仕事は見つかる?子育てが落ち着いた40代からでも見つかる?30代の子育て真っ最中の自分でも見つかる?など、30代、40代未経験から始めるパート事務について気になることをご紹介します。

40代でもパート事務はできる

40代で子育てもいったん落ち着いて、これから仕事を探そうと思っている方の中には、パート事務のお仕事に興味を持つ方がたくさんいます。

でも、競争率が高そう・・・と思う方もたくさんいると思います。

しかし、実際に見てみるととある求人サイトでは、パート事務の求人の約40%が40代以上の方でもOKというデータがあるんです。

その理由には、子供のことが理由での急なお休みや早退があまりない、ということが1つの要因となっているようです。

40代未経験でパート事務のお仕事を探したい人にとっては、子供理由のお休みが少ない、ということが強みになる、ともいえるんですね。

30代子持ちでもパート事務はできる

30代で子育て真っ最中の方で、子供を保育園に預けてお仕事を始めたい、仕事復帰したいと思っている方の中に、時間の融通が利きやすいパート事務のお仕事に興味のある方はたくさんいます。

ですが、子育て中だと、子供が理由で急に休みを取ることがあったり、ある程度融通が利くお仕事があるか心配になりますね。
さらに、事務職未経験だと「採用してもらえるところはある?」ということも気になります。

30代、子育て中の方でパート事務のお仕事は人気の職種なので、「採用してもらえるために」備えたい要素がいくつかあります。

子供を保育園に預けることのほかにも、できれば両親が近くにいることや24時間体制の託児所やベビーシッターを利用できるかなど、どうしても採用に繋がらないときは検討するのも1つの方法です。

また、ブランクが長いことが心配な方は、ハローワークの職業訓練を利用する、求人情報に「ブランクOK」と記載されているもの、まずは短期で働くなど、こういった解決策を取ることで不安を解消できます。

30代、子育て中で事務職未経験でもできるパート事務のお仕事や採用されるコツについては下記の記事により詳しくご紹介しています。

関連記事:[40代でも採用される!]パート事務が未経験だと難しいはウソ

未経験でも受かるパート事務の面接

パート事務未経験で初めての面接・・・となるととても緊張しますね。
また、オフィスワークが未経験の方だと、いろんな不安や心配事がたくさんあると思います。

ここでは、そんなオフィスワーク未経験で、パート事務の面接を受ける方のために、「受かるために気を付けたいこと」についてご紹介します。

パート事務の服装

パート事務のオフィスでの服装は、制服がある場合を除いてビジネスカジュアルスタイルが基本です。

ビジネスカジュアル?と思う方もいると思いますが、要はそのオフィスに合った服装をするということ、と考えると良いと思います。

面接では、パート事務の場合「服装は自由で構いません」と言われることもありますが、面接に行くときはできるだけスーツに近い服装が望ましいでしょう。

パート事務の面接の受け答え

面接会場に着いたらすでに面接は始まっていると思っているくらいがいいでしょう。

挨拶や何気ない仕草から人となりを見られることもあるので、企業や面接先に着いたときから「面接が始まっている」ということを意識しておきたいですね。

パート事務の面接の心得としては、大きな声、聞こえやすい声ではっきりと受け答えをすることがまず第一ポイントになります。

パート事務に限らず、声が小さかったり聞き取りづらいと、面接担当者からの印象はあまり良くない傾向にあります。

また、自己PRや前職の退職理由、志望動機、ブランクの理由の4つは聞かれるので、答えを準備しておきましょう。

より詳しい面接の服装の話や自己PRの例文などは下記の記事で紹介していますよ。

関連記事:未経験でも受かるパート事務の面接のコツを紹介します[質問 回答 志望動機]

[未経験でもカンタン]パート事務の仕事内容

未経験でパート事務のお仕事を考えている人にとって気になるのは「どんな仕事内容があるの?」ということではないでしょうか。

事務職というとパソコンを使って電話応対をして・・・と未経験の方には未知の世界なので、パソコンでお仕事って難しい、電話応対とか大変そう、未経験だけど大丈夫?と思うことがいろいろありますが、パート事務のお仕事は簡単なお仕事も多いので、きっと自分に合うお仕事が見つかりますよ。

パート事務に共通する仕事内容

パート事務のお仕事ではどんな業種でも共通する仕事内容があります。
それはどういうものかというと、「電話応対」「雑用」「掃除」といった取り次ぎ業務や事務所やオフィス内の清掃や雑用です。

パート事務では社員さんが忙しく、なかなか手の行き届かない雑用をすることもあります。
そういった意味では幅広い仕事を任されることもありますが、未経験でもできる範囲なので決して心配したり身構える必要はありません。

いろいろなパート事務のお仕事

パート事務のお仕事には、一般事務の他にいろんな種類の事務業務があります。

パート事務のお仕事の種類には主に、受付、経理、データ入力、営業、経理、金融、学校事務があります。

どの仕事も基本はパソコンでのデータ入力や資料作成、電話応対などがありますが、企業や就業先によって仕事内容はさまざまです。

また、経理事務は簿記関係の資格を取得する、知識を持っていると優遇されることもあり、スキルアップを目指しやすい職種なので人気があるようです。

パートのお仕事内容について詳しくは関連記事:パート事務の仕事内容は未経験でもすぐに出来る でご紹介しているので、こちらをご覧ください。

[未経験でもわかる]パート事務の給料

パート事務の給料は実際のところどのくらいになるの?と思う方も多いと思います。
パート事務の平均時給は割と高く、他のパートが900円前後の時給が多い中、パート事務では1000円前後といわれています。

中でも経理事務は資格保持者や知識のある方が優遇される傾向にあり、時給も他の事務に比べて高くなることが多いです。

パート事務の平均時給は高い

パート事務の平均時給は先ほどもお話ししたとおり、平均で1000円前後が多く、他のパートのお仕事に比べると比較的高めになっています。

月給8万円が1番効率のよい稼ぎ方

パート事務のお仕事を始めようと思っている方の中には、「税金の支払い」について気になる方も多いと思います。

できれば扶養の範囲内で、最低限の税金の支払いの範囲内でお仕事がしたい、という方には月給8万円くらいが1番効率のよい稼ぎ方になります。

自分で税金を負担する分がなく、夫の税金控除も受けられるなら月給8万円が相場となります。

月8万円の場合の詳しい税金の計算などは下記の記事でご紹介しています。

関連記事:[未経験でもわかる]パート事務の平均時給と主婦が月に稼ぐ給料の相場

[未経験なら必見]パート事務のいろいろな働き方

未経験で事務職をするならパート事務がいいのでは?と思う方が多いと思いますが、実は未経験でも、短時間労働でも、パート以外の派遣という形でもお仕事ができるんです。

ここでは「派遣事務」と「パート事務」、「正社員」と「パート」の違いについてご紹介していきます。

派遣事務とパート事務の違い

派遣ってよく聞くけどパートとどう違うの?と思う方も多いと思いますが、派遣とパートの大きな違いは、「派遣形態」か「直接雇用か」の違いがあります。

どんな違いがあるかというと、派遣の場合は仕事内容や勤務条件をあらかじめ契約で定められており、契約に定められた内容に沿った業務を主に行います。

なので、残業も契約になければ基本は予定外の残業を行うことはありません。

一方、直接雇用となるパートの場合は、仕事内容や勤務条件は雇用主が決めることができるので、残業を指示されることもあります。

派遣事務は後ろに派遣会社がいるので不当な扱いを受けにくい、ということです。

パート事務と正社員の違い

また、パートと正社員の違いってどんなところ?と思う方も多いと思います。
パートと正社員の違いは、拘束時間の長さ、残業が発生しやすいか、時間に融通が利くかといったところが挙げられます。

パートの場合は、ある程度時間に融通が利くところもありますが、正社員の場合は拘束時間も長く、残業が発生しやすく、時間に融通が利くことはあまりありません。

なので、短時間勤務を希望する人にとっては、今から正社員で働くよりはパートで働く方が向いているといえます。

この他にも有給休暇の取得の違いなど、パートと正社員の違いについて下記の記事で紹介していますよ。

関連記事:事務でパートタイムをするために理想な働き方[未経験なら必見]

パート事務を未経験で始めた人の口コミと体験談

パート事務って本当に未経験でも始められる?事務の仕事を始めた人はどんな感じで仕事をしているの?実際のところどんな感じなの?といった疑問に注目して、パート事務を未経験で始めた人の口コミや体験談をご紹介しています。

パート事務初日の感想、初日の服装や挨拶はどうしたらいい?、仕事をしてみて実感していることなど、いろんな口コミや体験談について紹介しているので、気になる方はぜひ見てみてください。

関連記事:パート事務未経験の口コミと体験談